わが青春に悔なし
製 作
松崎啓次
原 作
監 督
黒澤明
脚 本
久板栄二郎
音 楽
服部正
特 撮
撮 影
中井朝一
照 明
石井長四郎
美 術
北川恵笥
録 音
鈴木勇
スチル
公開日
1946(昭和21)年
   
10月29日
製作会社
東宝
配給会社
東宝
上映時間
110分
サイズ
スタンダード
カラー
モノクロ
音 声
モノラル
ジャンル
ドラマ
青 春
戦 争
受賞歴・他

【解説】 昭和8(1933)年に起こった思想弾圧事件「京大滝川事件」と、昭和16(1941)年の「スパイ・ゾルゲ事件」をヒントに作られた反戦色の強い青春映画。黒澤明監督の戦後第1作目だが、G.H.Q.の施策により映画にも民主主義的方向性が求められ、その影響が色濃く反映されている。黒澤作品には珍しく女性が主人公だが、自立した強く清々しいヒロインの創造に黒澤の執念が感じられる。現代にも通じる女性の自我の確立と自立というテーマは、当時も多くの若者の共感を呼んだ。

【物語】 ピクニックを楽しんでいる野毛(藤田)、糸川(河野)ら学生7人と八木原教授夫妻(大河内・三好)、その一人娘・幸枝(原)たち一行。新緑に包まれた京都・吉田山に、陸軍演習の機銃音が鳴り響く。昭和8年、満州事変の勃発を機に自由主義追放の嵐が巻き起こり、八木原教授が京都帝国大学を罷免される。野毛たちは軍閥の侵略主義について激論を戦わせるが、野毛の論理的な発言に幸枝は反発。文部省と全教授団の対立が激化し、学園の解放を叫ぶ学生ともども野毛は検挙されてしまう。
昭和13年。幸枝はただ漫然とタイピスト学院に通っている。八木原は自宅を民間法律事務所として開放していたが、検事になった糸川はその活動を批判する。後日、糸川が出獄した野毛を八木原家に連れてくるが、野毛の情熱的な生き方に心惹かれていた幸枝は、転向してしまった野毛に失望し、東京へ出て自活することを決心する。
昭和16年。東京で働く幸枝は糸川に出会う。野毛は東亜政治経済問題研究所を主宰し、中国問題の権威であることを知る。野毛の事務所を訪ねた幸枝は野毛に感情をぶつけるが、やがてふたりは生活を始める。しかし楽しく生き甲斐のある日々は長くは続かなかった。野毛は戦争妨害指導の容疑で特高警察に検挙され、その妻として幸枝も逮捕される。釈放された幸枝は京都へ戻るが、しばらくして野毛が拘置所で急死したと報せを受け取る。
幸枝は遺骨を抱き野毛の両親を訪ねるが、野毛の実家は「スパイの家」として村人から激しく迫害されていた。老いた野毛の両親と幸枝との生活が始まる。荒れ果てた田畑を整備し田植えをするが、植えた苗は何者かの手によりすべて引き抜かれてしまう。雨の日、糸川が訪ねてくるが、幸枝は毅然と追い返す。そして敗戦。京大の講堂に八木原が立っている。久し振りに八木原家に戻った幸枝だが、再び野毛の両親のもとへと帰っていくのだった。
出演者
原節子、藤田進、杉村春子、大河内傳次郎、三好栄子、河野秋武、志村喬、高堂国典、清水将夫、田中春男、高木昇、米倉勇、千葉一郎、佐野宏、深見泰三、光一、岬洋二、原緋紗子、武村新、河崎堅男、藤間房子、谷間小百合、河野糸子、中北千枝子
サムネイルの写真をクリックすると大きく表示されます 登録写真
被写体:原節子、藤田進
被写体:藤田進、原節子、河野秋武
被写体:大河内傳次郎、原節子
登録済みタグ:  すべてのタグを見る
被写体:原節子
登録済みタグ:  すべてのタグを見る
被写体:杉村春子、原節子
登録済みタグ: 田植え  すべてのタグを見る
被写体:三好栄子、原節子
登録済みタグ: ピアノ  すべてのタグを見る
被写体:三好栄子、藤田進、河野秋武、大河内傳次郎、原節子
被写体:藤田進、原節子、河野秋武
被写体:原節子
被写体:藤田進、原節子
登録済みタグ: コーヒー  すべてのタグを見る
被写体:原節子、藤田進
登録済みタグ: 再会  すべてのタグを見る
被写体:原節子、高堂国典、杉村春子
被写体:原節子、藤田進
被写体:原節子、藤田進
登録済みタグ: ポスター  すべてのタグを見る
プレビューで見る