画像2
「暖簾」森繁は初主演作で昆布屋の奉公人を演じるが、彼に想いを寄せながらも身を引く娘役を乙羽が好演
画像1
「女体は哀しく」田中絹代、扇千景、淡路恵子ら戦後の名女優とともに乙羽は京都の老舗遊郭で働く女を演じた
 
画像4
「喜劇 駅前百年」上野で旅館を経営する孫作(伴)は都市計画による立ち退きの話を聞いて気絶してしまう
画像3
「喜劇 駅前金融」金色夜叉のパロディで、伴淳演じる高利貸しの女房役。金に目がくらんだガメツイ女を好演

個性派俳優が勢揃い!準レギュラー陣

乙羽信子

役名:駒子、駒江ほか
大正13(1924)年、鳥取県生まれ。シリーズ初登場は第5作『喜劇 駅前飯店』。初期作品、さらにシリーズ中盤においても伴淳三郎の女房役を演じ、途中から役名が「駒江」に変化した。少々色合いの異なる『喜劇 駅前学園』では三木のり平の代わりに出演した小沢昭一の女房役を演じている。宝塚歌歌劇団時代には男役トップスターの春日野八千代とコンビを組み純情可憐な娘役スターとして絶大な支持を得、2期後輩にあたる淡島千景と人気を二分した。シリーズでの乙羽・淡島の共演は、古くからのファンにとって感無量であったことだろう。映画界に転じてからは、『愛妻物語』(1951/大映)、『女の一生』(1953/新東宝)をはじめ新藤兼人監督の作品に多く主演したほか、稲垣浩監督の『女体は哀しく』(1957)、成瀬巳喜男監督の『秋立ちぬ』(1960)でも主演を務め、着実に演技者としての幅を広げていった。“駅前”メンバーとは『貸間あり』(1959/監督・川島雄三)、『珍品堂主人』(1960/監督・豊田四郎)などでも顔を合わせている。